変化する子供家具

参加したいセールを探す
子どもの体は成長とともに変化するように、子どもの家具も変化します。幼児期、学童期、中学生以上で必要なもの、サイズも異なるからです。
では子どもの家具をどう購入すればよいのでしょうか?
その答えは、成長に合わせて無理なく揃えていくことです。 「大きくなってからも使えるように」という考えは捨てましょう。 なぜなら、大きくなったときに本当に使うかどうかわかりません。 体のサイズ、趣味嗜好というのは成長とともに驚くほど変わるからです。 ですから必要なものをその時々のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

子供家具 幼児期子供家具 学童期

子どものベッドについて

参加したいセールを探す
子ども用のベッドが使えるのは成長や発達から考えても、小学校までです。
また、兄弟がいると、2段ベッドという選択肢も考えます。
しかし、子どもが男の子、女の子といった異性の場合は、中学生になれば使えなくなります。
このように子どものベッドの購入は躊躇することが多いですよね。
ただ、ベッドのマットレスは7年前後が寿命です。
いずれ買い替えると想定するならば、小学校入学と同時に、“学童期限定”と覚悟して購入するのも手ですね。
ただ、小学校の途中などで購入するならば、やはり大人用のベッドをオススメします。