• ローズテクニー[ろーずてくにー]

    商品名・
    商品固有の
    規格名

    京都西川が1984年から販売している敷き布団型の家庭用医療機器。「寝ながらできる健康管理」をコンセプトに、頭痛や肩こりを和らげるのに効果的な「電位治療」と、血行を良くしたり筋肉のこりをほぐすことができる「温熱治療」でより質の高い睡眠を得るサポートをしている。
  • ローテーブル[ろーてーぶる]

    テーブル

    床からの高さが30~40cm程度のテーブルのことをいう。高さの低い家具には空間を広く見せる効果があり、部屋にモダンな雰囲気を与えられる。ソファと組み合わせて使用するのか、床に直座りした状態で使用するのか、シチュエーションによって適切な高さが異なるので、購入する時はどんな目的で使用するかを考えたうえで選ぼう。
  • ローベッド[ろーべっど]

    ベッド

    床からの高さが一般的なベッドよりも低いベッドのこと。フロアベッドとも呼ばれる。大型家具特有の圧迫感を抑え、部屋を広く見せるなどのメリットがある。一方で、床に近くベッド下の空間が狭いためホコリの影響を受けやすくなったり、収納ができないなどのデメリットもある。
  • ローマンシェード[ろーまんしぇーど]

    カーテン・
    ブラインド

    カーテンの生地を使用したロールカーテン。カーテン・シェードとも呼ばれ、ブラインドのように上げ下げできる。ファブリックの意匠を楽しむプレーンシェード、シェードを上下した時の見た目がスッキリしているシャープシェード、レースなどの柔らかい生地が映えるピーコックシェード、バルーンシェードなどがある。
  • ロココ様式[ろここようしき]

    デザイン
    様式

    18世紀にフランスを中心に栄えたインテリアの装飾様式。ルイ15世の時代以降、緩やかなS字やC字のモチーフを用いた繊細で優美なデザインが多用されるようになった。代表的な建造物にベルサイユ宮殿の小トリアノンがある。ロココ様式のデザインを取り入れた姫家具(プリンセス家具)はロリータ・ファッション愛好者を中心に人気が高い。
  • ロフトベッド[ろふとべっど]

    ベッド

    ベッド部分が高く、ベッド下に机やソファ、衣類収納などのスペースが設けられているベッド。ベッド位置が高いためハシゴが付属している。シンプルなパイプ製、ナチュラルな木製のフレームが一般的。狭い部屋でも効率的にスペースを使えるメリットがあり、子供部屋やひとり暮らしのアパートなどに適している。