イベントカテゴリ

イベント開催地域

コラム

インフォメーション
メールアドレス配信先メールアドレス
在住地域在住地域
イベント情報・セールはセイルーへ!

カリモク家具セールピックアップ

カリモク家具の特徴

カリモク家具は製造、販売の企業としてグループ化されていて資材工場、木工加工工場、販売会社と製造から販売まで一貫した工程管理で「品質至上」を基本理念に掲げ製造、販売をかかげるメーカーであります、また製造メーカーは高品質低コストを掲げ、無駄、無理、むらを無くすことをスローガンにしています、一方販売会社はカリモク家具が製造メーカーとしてお客様(エンドユーザー)に家具木工技術、及びCOMカスタムオーダーマインという多品種、少量生産の仕組みや安全、安心を柱にアフター体制を見て、触れて、体感できる、ショールーム施設を全国主要都市部に展開して、ユーザーに実際に見て、触り、座りを体感することで、安心家具を体感できる施設として全国に17箇所、及びプレステージ商品ショールーム5箇所を併設しています。
また日本の企業では数少ない、三年保証そして10年使用後も修理できる、長く愛用できるメーカーです。

カリモク家具の歴史

カリモクグループの歴史的経緯をみると、中核となる刈谷木材工業が設立されたのは、戦後の混乱期、昭和22年である。当時日本経済を支えていたのは繊維産業であり、これに伴って紡織機は輸出品として、多くは豊田自動織機製作所が生産していました、刈谷木材工業はこの紡織機の木部品を作り始め、又輸出用の梱包木函を製作していました、ここで木工業界の基礎をつくれたと考えます。その後昭和26年にはミシンテーブルを製造し始め、さらに昭和39年頃はテレビのキャビネット製造をし、楽器メーカーのピアノけん盤部品などの下請け仕事を続け、少しずつ自社製品の製造、販売の必要性が高まり、そして輸出用家具を手がけた経験を生かし、昭和37年には家具の製品化に成功し、ここにカリモクグループの、家具メーカーとしてのスタートをいたしました。

カリモク家具の商品PR

カリモク家具が家具メーカーとして他企業と大きく違うところは、ホームユースファニチャーとして玄関収納家具、リビング家具、ダイニング家具、寝室の家具、和室の家具、子供部屋の家具と住宅の中での「部屋」の中で使用する家具をトータルで製造している総合家具メーカーであります。特にカリモクの家具の大きな商品の特徴として、ソファ及びダイニングチェアーなどは大学の研究室で「座りごこち」を研究して、データ化して「座りごこち」というソフトを椅子に付加価値を付け提案し、現代社会でのお部屋の中での  「くつろぎの時間」を心地よく快適に過ごせるよう、開発努力をしているメーカーであります。

カリモク家具のポリシー

家具用天然木材は針葉樹と広葉樹がありますが、高級家具といわれる家具の多くは広葉樹を使用します。硬いこと、重いことが特徴で良く耳にする材料は、カリモクでは楢材(ナラ)やブナ材を使用します、(他の樹種もあり)樹齢は約150年〜200年経った材料を使用する為、良いものを長くという観点から、椅子の張替えやテーブルの塗り替えが出来るよう仕上げています(一部修理不可あり)、また近年の住まいは高気密、高断熱住宅の為、トルエン、キシレン、エチルベンゼンなどの科学物質を使わない塗料など住宅品確法(住宅の品質確保の促進に関する法律)の中で科学物質量は法律で決められています、カリモクは★★★★フォースターという高い基準で家具を製造して、身体に優しい家具を作っています。

カリモク家具からお客様へ一言

カリモク家具はメーカーであり現在小売をしていません、必ず代理店という販売店様からの購入になりますが、商品には品質管理表、保証書は添付されております。長期に使用した場合修理見積をカリモクホームページで概算見積を出せますので、品質管理表の品番、記号などが手がかりになるので、大切に保管して頂くことをお勧めいたします。また、食堂椅子などのグラツキが出た場合などは、ホームセンターなどで木工用ボンドなどで修理せず、必ずメーカー修理をお勧めいたします。木工ボンドで応急処置をしてしまうと、接着面の平坦にして、エポキチ(二液性接着剤)の補修がスムーズにできなく修理代がアップすることも考えられます。まずメーカーに問い合わせください。

カリモク家具セールピックアップ

カリモクの家具は家具ショールームが17ヶ所、ドマーニショールームが3ヶ所ございます、メーカーのショールームは通常の家具小売業とは違うので入り口で「入館しずらい」と感じてしまうショールームがあるかも知れませんが、安心して入館ください。小売をしていませんので、押し付け販売やぴったり接客員に付かれることはありません、入館時は受付でご紹介先はございますか?と確認されます、無い場合はありませんと答えて頂き、大きな手荷物やコートなどはクロークでお預かり致します。次にショールームの館内の説明を聞いて頂き、お客様自身が自由にご覧頂くことが出来ます。お客様へのサービスとして家具レイアウト相談をさせて頂いてますので、お部屋の図面を持参して頂くと、お悩みの解決にお役にたてると思います。