どんな画像を載せたらお客さんが集まりますか?
画像は、文字以上に情報を伝える力があります!
どんな写真を選ぶかは、広告ページを魅力的なものにできるかの最大のキーポイントです。 お手持ちのスマートフォンでもきれいな写真は撮れますので、ぜひ下記のポイントをお試しください。
会場の外観や、会場内の広さがわかる写真がおすすめです。笑顔の販売員の方の写真なども、安心感につながります
 
会場外観図

1.会場外観図

外観図を掲載することによって、地元の方は特に場所をイメージしやすくなります。 なるべく晴れた日に撮影すると、自然できれいに写ります。

会場内の様子

2.会場内の様子

どれくらいの規模の催事なのか端的に伝えることが出来ます。 「前回の催事の様子」として、来場者でにぎわっている写真も効果的です。

会場内の様子

3.スタッフのお写真

「わたしたちがお待ちしております」等のメッセージと一緒に掲載してみてはいかがでしょうか? 清潔感のある販売員の方のお写真で、信頼度はぐっとアップ間違い無し!

きれいなページを意識して、イメージ写真や商品画像を多用してはいませんか?
 
会場外観図

他のイベントとの差別化を!

メーカー提供の商品画像は洗練されていて見栄えも良いのですが、そればかりになってはいませんか?
催事で独自に撮影された画像などがありましたらぜひご連絡ください。オリジナリティを出し、他の催事との差別化をはかりましょう。

会場外観図

拡大表示はできません

大変申し訳ございませんが、チラシ等のデータをいただいても、拡大表示をすることができません。
チラシのデータ等の掲載依頼をいただいても、既定の大きさに縮小するため、肝心の説明が見えなくなってしまいますので、ご注意ください。